全身脱毛のリスクはある?

ムダ毛をなくして自己処理のいらないつるつるな肌になりたい!というのでしたら、全身脱毛がおすすめです。しかし、脱毛は痛みを伴うとか肌トラブルを起こす場合もあるなどといいますよね。全身脱毛することでどんな危険が生じることがあるのか、申込をするまえにあらかじめ知っておきましょう。
【やけど】
全身脱毛におけるリスクとしてやはり真っ先に挙げられるのはやけどです。脱毛は光をあててその熱で毛根部分にダメージを与えて脱毛を促すというものですが、光は黒い色(メラニン色素)に反応するため色素沈着している部分やほくろなどに光があたってしまいますと、やけどの危険性が高くなります。脱毛サロンで扱う光は医療レーザーに比べて出力はずっと弱いものですが、それでも以前はやけどや肌が腫れてしまうといった口コミなどもありました。最近では脱毛機器の機能向上などによりあまりそうした口コミはみかけなくなりましたが、こうしたリスクがあるということは認知しておきましょう。脱毛サロンのなかには提携する医療機関を持つところがありますので、万一の場合のためにそうしたサロンを選ぶというのも一つの手ですね。
【毛嚢炎】
全身脱毛のリスクとして知られているものに毛嚢炎があります。これは、細菌感染の一種で、傷ついた毛穴から細菌感染して白いニキビのようになるものです。特に、デリケートゾーンの脱毛では起こりやすいのだそうです。放っておけば数日で治るものですが、数日で治らない場合や数が多い場合には皮膚科を受診してください。
【汗が目立つようになる】
これはリスクとも言い難いですが、脱毛が進むとこれまで目立たなかった汗が目立つようになる、と感じる方はいらっしゃるようです。というのも、そもそも毛の役割というのは肌を守ることのほかに、汗を吸収するというものです。そのため、毛がなくなることで、これまで吸収されてきたはずの汗がそのまま肌についまままになっていたり、多ければ流れ出たりするため「汗が多くなったかも?」と勘違いされるのだそうです。

関連記事